皆さん、こんにちは!
内装・外装リフォームなら志賀ガスにお任せ♪
志賀ガスの鶴岡です😆


今回は、トイレの施工ミスを発見したのでその事をブログに書こうを思います。


まず、お客様から
『トイレの木柱部分が濡れてるから、ちょっと見に来て欲しい』 というご連絡からでした。

営業部の樋口さんと工務部の諌山さんがお客様のお家にお伺いして現場をみてみると、
確かにトイレ入口の木柱が湿ってシミになっている状態でした💦
隣がお風呂だったので、もしかしたらお風呂の壁と床の継ぎ目から水が入っているのかも…。
ということで、継ぎ目をシーリング材で埋めて2,3日様子を見ましたがまだ濡れている状態でした😥

こうなってくると、一度床下に潜ってみないと原因が分からないので
お客様の了承を得てから写真矢印部分に穴をあけて、

諌山さんが床下に潜ってみると…


(↑床下から見上げて撮った写真です)
トイレの排水パイプに縦ラインの汚れと、床板が濡れてカビが生えている状態でした!!!😱

こ、これは…💦
確実にトイレの排水が漏れたのが原因で、床板を伝ってトイレ入口の木柱まで…という事だったんです!!

急いでトイレを外してみると…
 
便器を固定する金具(赤部分)が本来は右写真ぐらい手前に設置していないといけないはずなのに
ずいぶん奥に設置してありました…。
これだと便器がきちんと固定されないのでグラつく原因になるのですが、
本来ならしなくていいシーリングでぐるっと便器と床の隙間を埋めて固定していたようです💦

でもこれだけだと漏水の原因にはならないんです😞

漏水の大きな原因はこれでした↓

ぱっと見だと分からないと思うので、施工ミスの写真と本来の施工写真を並べてみますね。


左が施工ミスの写真で、右が本来の施工写真です。
何が違うかというと、
施工ミスの写真には白いパテのようなものがパイプの周りに分厚くついていますよね?
本来このパテは不必要なんです。
右の写真のようにパイプを受ける『受けの部品』を床に取り付けて
そこにパイプをはめ込むのが本来の正しい施工なんですが
施工ミスの方は受けの部品を付けずに、穴の周りにパテを入れて上から
無理やりパイプを押し込んで固定・施工してたんです💦

最初はいいかもしれませんが、経年劣化でパテはボロボロになり隙間が出来て
その隙間から排水が漏れて床板から木柱までつたってシミになっていた。 という事です。



まさか、まさかの出来事で樋口さんと諌山さんから話を聞いたときはビックリしました!😨
床が腐食してボロボロになる前に気づけて本当に良かったです😣

この様に、見えない場所を施工ミスされると気づくのも遅れるので
発見した時には被害が大きくなっていることが多いんです。


リフォーム工事に限らずですが、見積もりをお願いする時は
会社のホームページや口コミなど今はいろんな情報をすぐ調べられるので、出来るだけ調べて
その上で現場調査をきちんとしてくれたかどうかなど、
信頼して工事を任せられるか、お客様基準で判断する必要がありますね。



2~3社ほど相見積もりをとって、金額はもちろんですが
1番大事な工事内容を必ず確認して下さい。
どんな工程で工事を行うのか、商品は何を使うのかなど1つ1つ丁寧に
説明してもらえるリフォーム会社だと安心しますよね😉

志賀ガスではリフォームなどのお見積りは無料で作成しております。
勿論、相見積もり大歓迎です!!🤭

リフォームどうしようかな? とお考えのお客様がいらっしゃいましたら
『ホームページを見ました』とご連絡いただければ幸いです(笑)





★★★内装・外装リフォームなら志賀ガスにお任せ!★★★

当社は創業72年の地域密着型のガス会社です。
小さなお困りごとから

ッチン・お風呂・トイレなどの水廻りはもちろん
屋根吹き替えや外壁・屋根塗装も行っておりますので
お気軽にお問合せ下さい!(*^_^*)
もちろんお見積り作成は無料で行っております!
ご安心下さい。

志賀ガス株式会社
〒830-0014
福岡県久留米市寺町84
TEL 0942-34-4170
営業時間 8時30分~18時まで
休み 土曜・日曜・祝日

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★