リフォームも! ついでの相談も! 家の困ったは久留米の志賀ガスになんでもお任せください!!
  • HOME »
  • リフォーム_Q&A

リフォーム
  • リフォーム
  • リフォームの流れ
  • おすすめプラン
  • リフォーム Q&A
  • 4つのリフォーム


お風呂

壁のタイルにヒビがはいって浮いているので見て欲しい

[原因]

地震や家の歪みなどによるものや、タイルの下地が湿気等により劣化し腐食した事によりタイルだけが浮いている場合もあります。

[対策]

軽いヒビであればコーキング処理で対応可能ですが、場合によっては壁の下地から補修が必要な事もあります。年数や状態を考えて検討すると良いでしょう。

脱衣所のフローリングがブカブカする

[原因]

大体の場合床下からの湿気に寄ることが多いですが、浴室の湿気や漏水により土台が腐りそこから床にも水気が入って床自体が傷む場合もあります。

[対策]

既存の床の上に上貼りする方法もありますが、そもそもの原因を解消しなければ結局同じようになるのでまずは床下に潜って原因をしっかり把握するのが一番です。

風呂場が寒い

[原因]

タイル貼りの浴室であれば、冬は特に寒くなります。20年以上前のシステムバスは、断熱性が低いので同様です。また、窓の大きさや、ガラスの種類によっても熱の逃げ方が違います。

[対策]

一番身近なものは、既存の換気扇を浴室暖房換気扇に取り替える。ガラスを、真空断熱ガラスに替える。床のタイルを、冷たさを感じにくいサーモタイルに貼り替える。最良の方法として、断熱性の高いシステムバスに替えることにより、壁、床、天井にも断熱材がはいっているので熱が逃げにくく、防水性の面からしてもオススメです。

浴室の外側基礎の部分に白い粉がふくのは?

[原因]

浴槽と浴室土間の隙間などから水が浸入し、乾燥しきれない水分が土間下に溜まり基礎にしみだしてセメント成分の一部が乾燥した時に見られる現象で白華現象と呼んだりします。これが見られるところでは浴室土間を解体すると水分を多く含んでおり場合によっては土台まで浸水している事もあります。

[対策]

隙間が少しであればコーキング処理で、ひどい場合は土間を解体し新しく土間をやりかえたり、システムバスに変更したりします。

キッチン

台所の収納が欲しい

[A1]

今のキッチンはスライド式(引出し)が多く、奥まで有効に使えるので収納力はかなり良くなっています。

壁につく油汚れが落ちない

[A2]

キッチンパネルを貼ると清掃性も良いのでオススメです。特にタカラのホーローキッチンパネルはお手入れも楽で、マグネットがつくので利便性も抜群です。(施工条件があります)

台所の床がブカブカする

[A3]

やはり湿気の場合も有りますが、常に歩く場所や立つ場所などが傷む事が多いです。床が傷んでいる場所の把握と、床下の状態を確認してから最適な方法をオススメしております。

トイレ

既存が和式なので高齢になり足腰が悪くなった

[対策]

和式から洋式に替えることで体勢や使い勝手を良くしました。

水量が多いので節水型のトイレに替えたい

[対策]

20年前で13リットル、10年前で9リットルでした。現在のトイレは大で4.8リットルとかなり節水型になっています。

お風呂

壁のタイルにヒビがはいって浮いているので見て欲しい

[原因]

地震や家の歪みなどによるものや、タイルの下地が湿気等により劣化し腐食した事によりタイルだけが浮いている場合もあります。

[対策]

軽いヒビであればコーキング処理で対応可能ですが、場合によっては壁の下地から補修が必要な事もあります。年数や状態を考えて検討すると良いでしょう。

脱衣所のフローリングがブカブカする

[原因]

大体の場合床下からの湿気に寄ることが多いですが、浴室の湿気や漏水により土台が腐りそこから床にも水気が入って床自体が傷む場合もあります。

[対策]

既存の床の上に上貼りする方法もありますが、そもそもの原因を解消しなければ結局同じようになるのでまずは床下に潜って原因をしっかり把握するのが一番です。

風呂場が寒い

[原因]

タイル貼りの浴室であれば、冬は特に寒くなります。20年以上前のシステムバスは、断熱性が低いので同様です。また、窓の大きさや、ガラスの種類によっても熱の逃げ方が違います。

[対策]

一番身近なものは、既存の換気扇を浴室暖房換気扇に取り替える。ガラスを、真空断熱ガラスに替える。床のタイルを、冷たさを感じにくいサーモタイルに貼り替える。最良の方法として、断熱性の高いシステムバスに替えることにより、壁、床、天井にも断熱材がはいっているので熱が逃げにくく、防水性の面からしてもオススメです。

浴室の外側基礎の部分に白い粉がふくのは?

[原因]

浴槽と浴室土間の隙間などから水が浸入し、乾燥しきれない水分が土間下に溜まり基礎にしみだしてセメント成分の一部が乾燥した時に見られる現象で白華現象と呼んだりします。これが見られるところでは浴室土間を解体すると水分を多く含んでおり場合によっては土台まで浸水している事もあります。

[対策]

隙間が少しであればコーキング処理で、ひどい場合は土間を解体し新しく土間をやりかえたり、システムバスに変更したりします。

キッチン

台所の収納が欲しい

[A1]

今のキッチンはスライド式(引出し)が多く、奥まで有効に使えるので収納力はかなり良くなっています。

壁につく油汚れが落ちない

[A2]

キッチンパネルを貼ると清掃性も良いのでオススメです。特にタカラのホーローキッチンパネルはお手入れも楽で、マグネットがつくので利便性も抜群です。(施工条件があります)

台所の床がブカブカする

[A3]

やはり湿気の場合も有りますが、常に歩く場所や立つ場所などが傷む事が多いです。床が傷んでいる場所の把握と、床下の状態を確認してから最適な方法をオススメしております。

トイレ

既存が和式なので高齢になり足腰が悪くなった

[対策]

和式から洋式に替えることで体勢や使い勝手を良くしました。

水量が多いので節水型のトイレに替えたい

[対策]

20年前で13リットル、10年前で9リットルでした。現在のトイレは大で4.8リットルとかなり節水型になっています。

↑ページトップ

Copyright © 2017 志賀ガス株式会社 All Rights Reserved.