皆さん、こんにちは。
内装・外装リフォームなら志賀ガスにお任せ♪
志賀ガスの鶴岡です😄

九州北部がもう梅雨明けしましたね。
例年よりも1ヶ月も早い梅雨明けだとニュースで言っていました。
梅雨は嫌いだけど、この梅雨がないと夏はダムの水が無くなり
節水しなきゃいけなかったり、最悪断水することもあります💦
今年の夏は一体どうなるのか…。今から不安です😨
なるべく節電・節水を心がけようと思いました。



暗い話はここまでにして…。
志賀ガスをご使用頂いているお客様よりご依頼があり、外壁の塗装工事を承り
6月25日から久留米市で外壁塗装工事が始まりました!

営業部の山﨑さんが工事管理を担当しています


今回の外壁塗装工事の工程は
足場組立→高圧洗浄→コーキング打ち替え→養生・補修→下塗り→中塗り→上塗り
という工程になります。

25日に足場組立を行い、翌日26日に高圧洗浄。
27日はコーキングの打ち替えを行っております!

最初、お客様のご依頼でお見積り作成のために現場調査を行ったところ、
外壁のヒビなどはほぼ無かったんですが、コーキングの破断・割れが酷い状態でした💦


そもそもコーキングは何のためにあるのか?
外壁のボードは熱による収縮・膨張で動きます。
その動きが隣のボードに干渉しないように、コーキングでクッションの役目を果たすのです。
コーキングは輪ゴムなどにも入っている可塑剤が使用されています。
その可塑剤が紫外線劣化により抜けてしまい、
固くなって割れ・破断・欠落の原因になってしまいます。
(輪ゴムを太陽にあてたまま放置しておくと、ボロボロと崩れる原理と同じですね)

コーキングの割れ・破断・欠落を放置しておくと、クッションの役目を果たしていない状態なので
外壁のボードが反ってしまったり、隙間から雨水が入り
外壁ボードを傷めて劣化速度を速めてしまうので、なるべく早めに補修することをお勧めします💦


そしてコーキングの補修方法ですが、2種類あります。
1つは既存のコーキングの上から新しいコーキングを打つ 増し打ち
2つ目は既存のコーキングを全て撤去してから新しいコーキングを打つ 打ち替え


今回は劣化が激しかったので、全てのコーキングを打ち替えています。

まずは既存のコーキングを撤去して、マスキングテープで養生します。
(紫のテープ)

養生したら、プライマー(密着剤)を塗布してからコーキングを充填し、
ヘラで慣らして平らにします。


最後に養生テープを剥がしたら完成です!!


塗装工事をするときは、ほとんどの場合がコーキングは打ち替えをします。
窓周りや、劣化がほとんどない箇所であれば増し打ちを行います。


今日の作業はコーキングを打ち替えて、養生までいけたらするそうです😉


この暑い中、外でお仕事している方には本当に頭が下がります。
職人の荒木さんにも、くれぐれも倒れないようにこまめに休憩取って下さいね!と
伝えて現場を後にしました💦

そんな頑張ってお仕事している荒木さんにジーーーっと熱い視線が…(笑)

お客様のワンちゃんが荒木さんの作業を見守っていましたよ🤭


今週は天気も良さそうなので、塗料の乾燥時間などを守りながら
順調に塗装工事を進めて行こうと思います!


皆さんも、水分補給と暑くなったら我慢せずにエアコンをつけて涼んで下さいねー!😄





★★★内装・外装リフォームなら志賀ガスにお任せ!★★★

当社は創業72年の地域密着型のガス会社です。
小さなお困りごとから

ッチン・お風呂・トイレなどの水廻りはもちろん
屋根吹き替えや外壁・屋根塗装も行っておりますので
お気軽にお問合せ下さい!(*^_^*)
もちろんお見積り作成は無料で行っております!
ご安心下さい。

志賀ガス株式会社
〒830-0014
福岡県久留米市寺町84
TEL 0942-34-4170
営業時間 8時30分~18時まで
休み 土曜・日曜・祝日

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★