皆さん、こんにちは。
内装・外装リフォームなら『志賀ガス』にお任せ!
志賀ガスの鶴岡です♪☺


3年前の大洪水、皆さんは覚えていらっしゃいますでしょうか…?
久留米市では広い範囲で浸水・冠水し、筑後地域に大きな爪痕を残していきました。

当時、その際に床下浸水してしまったお家の床張り替え工事を行っていたのです。
最近の工事では無いのですが、どういう風に張り替えを行ったのか施工写真が残っていたので
今回ブログに載せることにしました。


大雨の時期になるとよくニュースで
床下浸水・床上浸水と聞きますが、その基準をみなさん知っていますか??

床下浸水→地面から50㎝以下(未満) 大人の膝がつかる程度の高さ
床上浸水→地面から50㎝以上     大人の腰がつかる程度の高さ

となっています。
施工を行ったお客様は床下浸水に入るのですが、
浸水の高さが少し畳につかるぐらいだったので、畳が全滅という状態でした💦

畳をはがした状態がこちらです↓


パット見た感じ、どうもなってないように見えますが大雨から日数も経っていたので
乾いている状態になってます。

床を剥がした状態です↓


床張り替え工事を行うにあたって、畳の床からフローリングに変えます。

しかし、このままフローリングにしてしまうと畳の厚さ分段差ができてしまうので
既存の根太(黄色矢印部分)の上に畳の厚さ分の新規の根太を重ねて、床圧を調整します!



床圧を調整した後に、床を張っていきますよー!(^^)/


からの→


そしていよいよフローリングを張って、出来上がり!!!

✨ピッカピカの床になりましたね✨
これでもう安心です♪


しかしここ数年、洪水など自然災害が毎年のように起こっています…。
被害が出れば国や自治体から補助金などが出たりするのですが、
申請にするには被害直後の現場写真が必要だったりと、いろいろ条件があるようです。

実際に被害にあってからだと、調べたりするのにも時間がかかってしまったり
現場をきれいに片づけてしまったあとで、写真が撮れなかった…。などがあると思いますので
一度調べて予備知識として頭に入れておけば、いざというときに役に立つと思います!

今年こそは、大雨・洪水などの被害が出ないことを祈っています。





★★★内装・外装リフォームなら志賀ガスにお任せ!★★★

当社は創業72年の地域密着型のガス会社です。
小さなお困りごとから


キッチン・お風呂・トイレなどの水廻りはもちろん
屋根吹き替えや外壁・屋根塗装も行っておりますので
お気軽にお問合せ下さい!(*^_^*)
もちろんお見積り作成は無料で行っております!
ご安心下さい。

志賀ガス株式会社
〒830-0014
福岡県久留米市寺町84
TEL 0942-34-4170
営業時間 8時30分~18時まで
休み 土曜・日曜・祝日

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★